(社)鹿児島県損害保険代理業協会のブログ

kadaikyo.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2016年 11月 14日

28年11月11日(金)に支部会が開催されました~北薩支部!

c0228821_7452390.jpg
タイトル:第3回北薩支部会

実施日 :平成28年11月11日(金)午後4時 開始~
                午後5時50分終了
場所  :薩摩川内市 川内文化ホール第10会議室
参加人数:支部会員10名 タイムズレンタカー社員2名 
     JCM社員1名 県代協2名 合計 15名参加
   
   <開会>
→開会の辞のあと司会から出席状況の確認を報告
 その後支部長よりご挨拶させて貰いました。
 次に広報 中尾から鹿児島県代協の検索方法や中身の
 紹介をさせて頂きました。支部長からも補足で
 説明させて貰いました。

主な議事

 <11月4/5東京都での日本代協コンベンション報告>
*コンベンションに参加致した組織委員の栗山氏より資料  を用い以下のような発表をさせて貰いました。

  <来賓挨拶:金融庁監督局保険岡田課長>

  「改正保険業法に伴う体制整備に対するヒヤリング」
→人口減による契約の奪い合いの激化の中、代理店には
 尚一層の(顧客管理)(お客様本位の運営)
 が求められる。

   「金融庁から見た代理店の見方の変化」
→金融庁としてはお客様にしっかりと情報出来ているかを
ヒヤリングしていくとの事。保険会社の子会社から
今は保険会社と変わらない同等の位置づけに成っている。保険会社は製造業で有り代理店は販売業である。
直接お客様と販売で接しているのは代理店である以上
販売上のトラブルは代理店の運営・管理・販売体制に
原因が有る事に成る。

     


       <日本代協 堀専務理事>
*兼業代理店の増加→本業のネームバリューを利用しての販売の増加
*あまりにも兼業が増加すれば専業に大きな影響が有る(専業代理店の淘汰)
*兼業代理店に対し何らかの規制を持たせる必要が有るのでは?
*自動運転自動車の増加→(一部自動運転:運転者の過失賠償責任)から(完全自動運転:生産物賠償責任:自動車販売業者の責任)への移行
*自動車保険の将来(損保業界の崩壊)は?

         <基調講演 旅行会社代表 高萩徳宗氏>
         『消費者から見た代理店のあり方を考える』
テーマ:「旅する視点で見るサービスの本質~おまけや値引きはサービスじゃない~」
      
     『旅行業者の視点からの顧客サービス】
→面談してヒヤリングしお客様に会った商品を作る。
→販売して終わりではない!!(何か有ったら連絡をではない!!)
→待ちではなく(さまざまな情報提供しお客様と接する機会を作る事)攻めが大事である!!
→保険とは将来への補償(保障)だから情報提供と共にお客様の中で一緒に伴走する事。
→旅を諦めている人にはきっかけがない。

     <真のお客様の見極め:不満もない、事故もない。>
→何かあると契約落ちの可能性
→この層に時間をかけるべき
→顧客が顧客を呼んでくる!!(グリップ強化)

        <分科会について>
   【中崎講師「市場激変と保険代理店の近未来」】
→保険業法をきっかけとしてビジネスモデルを変化させよう!
→保険販売にとどまらず情報提供も
→顧客の求める代理店像→量より質!
→代理店の名前を知らしめる事も。
→選ばれる代理店とは?地域密着型代理店!
→情報提供→(例:防災・減災のや交通安全教育の提案等)
→次世代への人材も重要。
→将来の年金一元化に対し代理店の果たす役割も出てくる。

    <県代協・中村会長 挨拶>
 内容:新日本保険新聞の記事(筆者:大阪代協常務理事 中野氏)をお話しさせて貰いました。
→代協は他業界に意見する圧力だけの団体で有ってはいけない!
→地域のお客様への情報提供こそが代協の中身である。
→代理店規模に関係なくお客様に寄り添う事が重要である。
→セミナー等参加する事で気付きのチャンスが増加しレベルアップ出来る。
→募集人としての資質の向上につながる。
→販売力のもみならず精神面も鍛えられる。
→代協活動の原点は支部活動である。支部運営マニュアルを取り寄せた
→このマニュアルは各支部の支部長に近日中に配布する。
→代協活動の現状と課題の191ページ(栗山さん(日本代協アドバイザー)記事)
 参照を依頼させて貰いました。(保険毎日新聞の集約した記事)です。
→支部長より:コンベンション参加の井立田CSR委員長が日本代協への質問(後継者問題)について
 提案するも日本代協からの回答が満足のいけるものではなかったとの事。
 この件は先日の理事会でも話題に成りました。日本代協はグレイは回答が多いとの印象。
 今後も会員が積極的に意見を集約し鹿児島県理事会を通じ事前提案しこれを日本代協
 に持ち上げ引き続き提案していくとの支部長の決意でした。
  
    <会員増強について>
→県代協の会員は現在181店。目標は200店。販売する立場の代理店のミス発生
→ミスに対し保険会社が面倒を見てくれない時代
→代理店賠責の付保の重要性
→代申損保会社同士の
→未加入会員の掘り起こしにつなげよう!!
→当支部見込は?

    <改正保険業法に伴う影響、体制整備について>
→施工後約半年が経過し各代理店の現状は?その対策方法は?
→代理店内の募集人の意思疎通レベルは未だ発展段階である。
→自問自答してみてもみんながそのレベルに到達か未達か?
→募集の際にも同じレベルで募集トーク出来ているか?
→規模に関わらず金融庁は検査に来る事に成っている。
→検査官からお客様へのロープレを求められる。
→個人情報保護府の管理は?どこまでが個人情報か?

     <損害保険トータルプランナー普及について>
→普及についてのパンフレットは代協ホームページに貼り付けて有る事を報告しました。
→詳細は記事を閲覧と依頼。
→申込は鹿児島県代協。非会員でも申込可能。

      <その他 議事>
*CSR委員会
→H29年2月14日のバレンタイン献血の参加ご協力をお願い致しました。
→こども110番のご案内をさせて貰いました。

*企画・環境委員会
→賀詞交歓会29年1月25日パレスイン鹿児島にて企画し会費5000円を告知致しました。

*事業委員会
→10・11DRPキャンペーン引続き入庫のお願いと過去に作成したDRPパンフの再作成を行います。
 理由は提携工場が増えた為です。提携工場では事故レッカーだけでなく故障レッカーも申し受けます。
 代車特約でご利用頂く前にお客様よりご希望を伺う事も大切である。

<提携先について→JCM 様・タイムズレンタカー 様>

*JCM様からのご案内
→(K1プラン)についてチラシを配布しお手持ちのタブレットを用いて動画でもご説明頂きました。
料金がチラシ以外にもカスタマイズ出来る事も合わせてご説明させて頂きました。買取金額の目安について質問が有りました。
実際にご利用された顧客のJCM様作成の記事のご紹介等県代協HPに貼り付けてる事もご案内致しました。

*タイムズレンタカー様からのご案内
→代車のご使用方法や合わせて代車を傷つけた時のお客様のご負担金のご説明もさせて頂きました。

     <懇親会>
支部会終了後 別所懇親会場(月のうさぎ)で11名で楽しく懇親を深めました。   
~以上   北薩支部からの報告でした!!
[PR]

by kagoshima-daikyo | 2016-11-14 07:41 | お知らせ
2016年 11月 09日

28年11月8日(火)に11月理事会が開催されました~鹿児島県代協

c0228821_1353389.jpgc0228821_135235.jpgc0228821_13561.jpg
  <<28年11月理事会が開催されました>>
日時  :28年11月8日(火)
開始  :13時00分~14時55分 終了
場所  :県代協事務局
参加人数:16名

       【報告・連絡】

:10月26日(火)地震保険啓発・普及キャンペーン報告 
       (高見馬場・鹿児島中央ビル前)
    参加者 会員35名 保険会社15名 
           合計50名
:10月27日(水)地震保険啓発・普及キャンペーン
      &無保険車追放キャンペーン同時開催報告 
       (JR川内駅・JR出水駅)
    参加者 川内駅・会員8名 出水駅・会員8名 
           合計16名
    *タスキを掛けてチラシ配布しました。受け取る
     歩行者に配布目的が明確に判るので良い方法
     だったと思いました。
:11月4(金)~5日(土)日本代協コンベンション
    *理事参加者3名より感想を発表致しました。
     
       【協議事項】

1.毎月の理事会の件
→出席の理事全員に開催月のサイクルについて意見を求め
 討議しました。
 色んな意見が出ましたが結果的にこれまで通り毎月
 開催で議決しました。
 ただ会の運営方法は次のように変わりました。
 今後は指名された理事の中の2名で中心となる議題を
 事前協議し、これを役員会(会長)に少なくとも
 理事会の1週間前までに提出しこれを基に理事会を
 運営する事に成りました。
 基本的には担当している委員会の中で決定し事業を
 運営しますが、どうしても理事会の中で決議しな
 ければならない事項については、同様にその委員会の
 該当理事より事前に提出する事も確認しました。

2.日本代協からのメール配信の件 
→従来は県代協から該当理事に転送していたが今後は全理事に全てのメールを配信しこれを
受け取った理事自身が各自で保存、削除等を
管理する事に成りました。

3.理事会忘年会の件
→12月15日(金)に理事会を開始、終了後に忘年会を行う事に成りました。
   
4.九州南ブロック協議会in宮崎の参加について
→会長を含め9名で参加する事に成りました。
   
5.その他  なし
         
       【各委員会報告】

1.教育委員会
→コンサルテイングコース鹿児島県は15名
市内3支部からそれぞれ3,4名の見込みを貰い
合わせて損保協会より届いたポスターとチラシを
各損保社へ持参し新たな損保社経由での
受講申込もお願いする事に成りました。

2.組織委員会
→この度1名の新入会員に加入頂き、
これまでの加入増会員は2名と成りました。

3.企画・環境委員会
→29年1月25日(水)午後6時より鹿児島県
代協と鹿児島県損保会協賛の賀詞交換会の
開催が決定しました。

4.事業委員会
→募集開始した南日本新聞広告の掲載申込
状況は101枠の目標に対し不足がわずかに
7枠でした。
これを埋めるために新たに追加で7名に
勧誘し申込を頂きました。
お申込頂きました会員様、県代協の取引先
関連会社の皆様や各社の損保会の保険会社様、
本当にありがとうございました。10月21日(金)に事業委員会を開催しその後の南日本新聞社への広告デザインの提出や最終校了を終え12月30日の予定広告掲載日に向けて今後も邁進して参ります。

5. 広報委員会
→11月2日(水)に大隅支部会に参加し、取材致しました。週末11日(金)は北薩支部会に参加予定です。また来年早々の鹿児島県代協第1回情報誌の発行に向け仮作成した事を理事に報告しました。いずれにしても今後は情報誌の中身の構成を練って行く事が大切なのでこの動きに連動し第3回
広報委員会を11月末までに行う事を告知しました。

6、CSR委員会
→こども110番の登録方法用紙の記入方法や設置対象事務所の定義について理事で討議しました。日本代協ロゴマーク(かごしま代協ふうたくん)の完成を報告しました。グリーン基金募集について鹿児島県庁にお願いし県庁ホームページに掲載して頂く事に成りました。
29年2月14日の鹿児島県代協主催バレンタイン献血キャンペーンの赤十字血液センターの献血バスの予約状況その他を報告しました。
CSR委員会の事業と他の委員会との事業の比較で本委員会の事業量が多い事で他の事業とのアンバランスが全国でも問題視されている事、この事業が本業を圧迫している現状も見受けられる事が報告された。本委員会を次の世代に継続的に事業継承する為にも改善の必要が有るのではと提案させて
いただきました。


       【各支部報告】

1.鹿児島中央支部 :なし
2.鹿児島北支部  :なし
3.鹿児島南支部  :なし
4.姶良支部    :なし、来年1月に若手会を開催予定。
5.大隅支部    :11月2日に支部会を開催しました。
6.北薩支部    :10月26日にJR出水・川内両駅で無保険車追放と地震保険啓発普及キャンペーンを同時開催しました。
         11月11日(金)に支部会を川内市内で開催する予定です。

~以上 鹿児島県代協 理事会からの報告でした!!
[PR]

by kagoshima-daikyo | 2016-11-09 13:05 | 理事会関係
2016年 11月 04日

28年11月2日(水)に第2回大隅支部会が開催されました!!

c0228821_21282314.jpg
c0228821_21272515.jpg
タイトル:第2回大隅支部会
実施日 :平成28年11月2日(水)午後6時30分開始~
場所  :鹿屋市 中華料理 龍華園
参加人数:会員13名 JCM社員2名 県代協2名 
     合計 17名参加
主な議事
①大隅支部の支部会員&役員一覧→
  ・支部長から現在の22会員の中の役員の紹介と
   事業活動を報告致しました。
   あわせて今後ご加入頂ける新会員の見込みに
   ついても説明致しました。
   これまで同様、新役員体制で若返りを図り
   更に向上したいとの事でした。
②DRPキャンペーンについて→
  ・迫自動車鈑金塗装の迫事業委員長より先般行われた
   5,6月DRP入庫誘導キャンペーンにおいてみごと大隅支部
   が2位を受賞した事を報告致しました。
   尚、今回5,6月のキャンペーンは会員数に対する登録比率
   による入庫割合で表彰基準を見直していますとの
   説明も有りました。
   次回は1位を目指し今後も久永ボデーさんと連携し
   大隅支部会の皆様と力を合わせていきます
   との事でした。
③提携先について→JCM 様・サポートレンタカー 様
  ・JCM様のご紹介→本日出席のJCM川崎様から
  (K1プラン)についてチラシを配布しお手持ちの
   タブレットを用いて動画でもご説明頂きました。
   合わせて質疑応答と実際にご利用された
   顧客のJCM様作成の記事のご紹介等も
   有りました。
  ・サポートレンタカー様の紹介→支部長より
   (お月見キャンペーン)を紹介致しました。
④当代協ホームページ及び広報委員会について→
  ・県代協 広報委員会 中尾より、
   鹿児島県代協のホームページの現在までの
   内容について紹介させて貰いました。
  ・支部長より12月末掲載予定の
   南日本新聞の広告についても紹介致しました。
   尚、大隅支部は現在16会員が掲載申込済です。
⑤損害保険大学課程について→
  ・支部長より新名称の損害保険トータルプランナーについて
   毎年12月開始し翌年2月中旬まで募集中で
   有る事を説明致しました。
   詳細については後日あたらめて説明する
   との事でした。
⑥会員増強について→
  ・支部長より現在はやや微増の状況で有る事を
   報告致しました。あわせて支部会員へ
   情報提供をお願い致しました。
   大企業と同様にイメージというものを今は
   お客様から問われている事を考えよう!!
⑦メインテーマ 代理店のこれから→
・県代協の中村会長より→
   日本代協の九州南ブロック(熊本,宮崎,鹿児島,
   沖縄)会議が10月7日に熊本で有りましたので
   中村会昌も被災地(益城町)を日本代協役員、
   保険毎日新聞社と共に取材に実際に訪れた。
   印象は道路がまだ完全に整備されていなかった。
   この件は日本代協からも記事を配信する予定。
   29年1月より地震保険料率が変更となる。
   防災減災を意識し、建物だけでなく家財にも
   地震保険を勧める事(次の生活の為の立ち上がり
   資金に成る地震保険の意義)今一度見直そう。
  ・代協活動の現状と課題をお目通しのお願い等。
  ・財務事務所の講演依頼の件。暫く納まっていた
   損保会社の乗り合いの勧誘が再来する可能性。
・支部長より→
  ・今後の保険会社のポイントは?
   →地震保険の付帯率(概算81.2%付帯
   が望ましい)HGAではこれを超えないと
   ポイント貰えない可能性も。
  ・熊本地震の教訓→顧客判断で地震保険
   未加入でも被災を受けた契約者からクレーム
   →現在のやり方→保険会社の申込書で
  (地震保険は申し込みません)とサインを
   受領しているこの方法→本当に良いのか?
   →地震保険に入らなかった事の証拠をこれ以外
   にも別の方法で考える時期に来ているのでは?
  ・PDCA(Plan・Do・Check・Action)
サイクルの中のCとAの重要性。具体的施策の決定に基づく全スタッフを含む意識共有,会議における議事録の重要性,営業日誌,クレーム応対簿、
出勤簿などの記録保管の構築。
・他チャンネル参入はどこが? ・代理店ランク付けの傾向は? ・その対策は?
等について活発な議論と説明を受けました。
支部会終了後 同会場(中華料理 龍華園)で楽しく懇親を深めました。   
~以上   大隅支部からの報告でした!!
[PR]

by kagoshima-daikyo | 2016-11-04 07:24 | お知らせ